1. トップページ
  2. >
  3. 精研について
  4. >
  5. 社長メッセージ

創業者の木内清三は精研の黎明期から、ただ頼まれた仕事をこなすだけを良しとせず、
エンジニアリングに付加価値を求めて、よりよいもの、より快適な環境を生み出すことに心血を注いできました。「よりよき環境へ技術で挑む」という企業理念は、木内とともに黎明期を支えた和田正八郎の言葉で、これからも変わることのない私たちの志を明快に表しています。
私たちは設備工事を主力として、精研発祥の地である大阪を基盤に、国内市場が主戦場となっていますが、お客様の多くは世界をフィールドに熾烈な国際競争を繰り広げておられます。
当然ながら私たちの事業においても世界を視野に入れ、国際規格に対応しつつ、その上で選んでいただける企業でありたいと考えています。空調衛生設備、地盤凍結工法、機器販売など私たちの事業に関わる技術力には絶対の自信を持っておりますが、ただエンジニアリングを提供するだけではなく、そこにどれだけの付加価値を与えることができるのかを私たちは重視しています。お客様のニーズを的確に引き出し、その上で期待する以上のサービスを提供できるよう常に心がけています。「精研に頼めば大丈夫」そう言っていただける存在であることが私たちの誇りであり、志です。どうか今後とも末永いお付き合いをよろしくお願いいたします。

株式会社 精研
代表取締役社長 上野俊信

1977年3月同志社大学工学部を卒業後、
株式会社精研の前身である精研冷機株式
会社に入社。建築設備分野の施工管理を
はじめ、設計、営業などに携わる。2008年
11月に取締役設備工事本部長に就任、
2015年11月に代表取締役社長に就任した。