HOME 会社案内 事業内容 採用情報 お問い合わせ
 HOME > 新技術開発 > 空調 冷凍〔年間消費エネルギーシミュレーションに基づく省エネ提案技術〕
土の凍結膨張・解凍収縮に
  関する研究
凍土の力学的性質
地盤の熱解析
  (3次元汎用シミュレーション技術)
鋼管+凍結工法
「CJG」凍結工法
3次元気流
  シミュレーション技術
年間消費エネルギー
  シミュレーションに基づく
  省エネ提案技術
フリークーリングシステム
  による省エネ技術
No.1 2001 目次
No.2 2002 目次
No.3 2003 目次
No.4 2004 目次
No.5 2005 目次
お問い合わせ
従来、空調設備のランニングコストを計算する場合
 ・建築データ(建物方位、壁面・窓条件等)
 ・建物使用状況(室内温湿度条件、稼働時間、在室人員、照明・機器使用条件等)
 ・設備データ(熱源機器・補機容量、制御方法等)
 ・気象データ(外気温度・湿度、日射量、風向・風速等)
多くのデータを入力する必要がありました。
当社では、少ない情報でも空調設備の年間負荷・消費エネルギーを計算するソフトを開発し、
省エネルギー提案等に活用しています。
こんな活用ができます。
・空調設備の年間ランニングコストの試算
・熱源機器の年間負荷動向に合わせた最適設備の提案。
・室温変更、熱源機器の更新、各種省エネ技術の採用などを行った場合の省エネ効果の定量評価。
・省エネ技術の採用時の年間一次エネルギー削減量、二酸化炭素排出削減量の定量評価
外気取込量 10,000㎡/hour 年間稼働の空調設備に水噴霧型全熱交換器を設置した場合の
省エネ量の試算結果の例を示します。
 
   
 サイトマップ  個人情報保護方針について copyrights © 2006 SEIKEN CO.,LTD. All Rights Reserved.