HOME 会社案内 事業内容 採用情報 お問い合わせ
 HOME > 地盤凍結工法 > 進化する凍結工法〔ランプ・分岐接続部〕
はじめに
歴史・特徴
原理・特性
計画
地盤凍結工法の施工フロー
最近の凍結工法の施工実績
凍結工法の施工例
ランプ・分岐接続部
パイプルーフフリーズ
高温地盤冷却工事
 
 
お問い合わせ

NEW TULIP工法とは、施行済みの地下構造物から曲線鋼管を推進設置し、曲線鋼管単独あるいは凍結工法や薬液注入等の地盤改良を併用して非開削で地下空間を構築する技術です。
構築の条件(用途、断面、深度、地盤、作業スペース等)に合わせて、細径曲線ボーリング工法や太径曲線パイプルーフ工法を選べます。

   

W TULIP工法連絡会にお任せください。

   シールドトンネルの地中接合や、トンネルの拡幅、分岐、合流、立抗等の拡幅技術として生まれた細径

   曲線ボーリング工法。 近年、拡幅部の大断面化、大深度化、高水圧対応でますます非開削工事のニーズが
   高まっています。
   これらのニーズに対応するために従来の「細径曲線ボーリング工法」に加えて「太径曲線パイプルーフ工法」

   を新たに開発し、これらを併せて「NEW TULIP工法」としました。NEW TULIP工法連絡会は、

   両工法の技術の普及と発展を図ることを基本方針として、地下空間の有効活用に貢献したいと考えています。
   
 サイトマップ  個人情報保護方針について copyrights © 2006 SEIKEN CO.,LTD. All Rights Reserved.